トヨタのプレスカンファレンスの会場の様子 Photo by Kenichi Suzuki

東京モーターショーが11月5日閉幕した。プレスデーでのプレスブリーフィングは、慣例的に各社の社長が行ってきたが、その初日のトップバッターで、トヨタ自動車の発表者として登壇したのは、豊田章男社長ではなく、外国人のディディエ・ルロワ副社長であり、しかも英語の発表だった。これは業界内で「前代未聞で異例のケース」と言われたが、トヨタにはある狙いと「意地」があった。(モータージャーナリスト 鈴木ケンイチ)

本国のショーなのに
豊田章男社長が出なかった理由

 2017年10月25日、東京モーターショーのプレスデー初日の朝8時半からのプレスブリーフィングのトップバッターはトヨタです。ところが、そこで驚くべき光景を目にしました。さっそうと登場したのは社長である豊田章男氏ではなく、副社長のディディエ・ルロワ氏だったのです。

 本国のモーターショーに、社長が出ないとは、どういうことか!?

 前回、2015年の東京モーターショーでは、社長の豊田章男氏だけでなく、メジャーリーガーであるイチロー選手もサプライズで登場して、大いに日本メディアを沸かせたものです。

 ところが、今年はなんと副社長による英語でのスピーチ。これはどういう意味なのでしょうか。

「東京モーターショーをトヨタは軽視しているから」という疑念も浮かびます。もしくは、「日産などによる検査不正問題が何かしら影響されたのか」とも。

 そこで、その日の夕刻にトヨタの広報担当者をつかまえて、その理由をたずねてみました。すると「海外へ、より強くアピールするため。(フランス人の)副社長がスピーチすることは、(日産とスバルの)不正問題が発覚する前から決まっていた」というのです。