[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は6日、資産買い入れ延長の決定は弱いインフレが背景で、金利を現行レベルに長期間据え置くというガイダンスを補強するものだと述べた。

プラート氏は「長期的な視野はまた、短期金利予想をより長く固定する。このため、政策金利に関する理事会のフォワードガイダンスを補強する」と説明。

「(資産買い入れを)必要なら再検討する選択肢を維持することはフォワードガイダンスと一致する」と述べた。