[北京 7日 ロイター] - 中国国家安全省は7日、金融犯罪に対する警察の取り締まりを強化すると発表した。国家の安全を確保し、金融リスクを防ぐためとしている。

発表によると、同省は、違法な資金調達や金融詐欺、ねずみ講、偽通貨、地下銀行、銀行カード犯罪を取り締まるため、的を絞った複数の対応策を打ち出した。

違法な資金調達やネット金融業界、証券・先物市場、金融機関が関与する犯罪に重点を置くという。

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、金融システムに「複雑かつ突発的で広がりやすく、有害な隠れた」リスクが潜んでいると警告している。