[東京 8日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は8日、都内で講演し、世界経済をけん引してきたアジアが直面する課題として人口動態の変化と生産性を挙げ、中国と日本、韓国は高齢化が大きな課題だと指摘した。