ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

納得いく(79円19銭)為替介入
円高反転は無理でも戦術的効用

田中泰輔
2011年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ここ数ヵ月、ドル安、ユーロ安、円高の背景として米経済の低迷、ギリシャ危機、米欧政策の手詰まりに関連するイベントニュースが錯綜した。しかし、それらを真に受けても相場には乗れない。当欄では前回もこの点を指摘し、金利シグナルを軸に据えて相場の動きを整理する視座をご案内した。

 ユーロ圏は、立場の異なる国々が交ざった集団的意思決定、愚直なまでの財政・金融健全主義が災いし、政策対応がおのずと後手に回る宿命にある。しかし、債務問題の緊迫度が増した春から夏にユーロは堅調だった。この時期、米景気が悪化に転じる一方、欧州中央銀行は利上げし、金利差がユーロ有利に振れていた(上のグラフ)。

 投資家や銀行はギリシャ資産を1年以上前から処分してきた。それによる資金逃避はユーロ相場を金利から乖離させた。しかし今回、イタリアやスペインから新たな資本逃避が発生する土俵際までは、欧州金利の有利さがユーロを押し上げた。ただやがて市場の混乱は欧州金利の再低下予想を招き、それによるユーロ売りがギリシャ以外の国々の資産売却を惹起し、あわてた欧州当局がようやく対策を講じるに至った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧