[上海 8日 ロイター] - 中国税関総署が発表したデータによると、10月の中国の鉄鉱石輸入は7949万トンだった。過去最高を記録した前月から23%近く減少し、2016年2月以来の低水準となった。中国政府の汚染対策の一環として製鋼所は生産を削減している。

10月初めの大型連休も輸出減少につながったとみられる。

9月の鉄鉱石輸入は1億0283万トンだった。

1─10月の鉄鉱石輸入は8億9600万トンで、前年同期比6.3%増加した。

CRU(北京)のコンサルタント、Wang Di氏は10月の輸入減少について、「鉄鋼生産の削減が主因だが、連休も減少の理由だ」と指摘。また「過去のデータをみると10月の輸入は通常は低い」と述べた。

同氏は、11月と12月も輸入は比較的低水準で推移するとみられるものの、「10月の水準ほどではないかもしれない」と予想。「生産削減や港湾在庫が非常に高水準であることから、強い需要は見込まれない」との考えを示した。

一方、10月の鉄鋼輸出は前月比3%減の498万トンと、2014年2月以来の低水準となった。