ロボホン

 シャープは11月8日、NTTデータ・NTTデータSBCと共同で、国内で初めてAI技術を活用したロボホン向け手話通訳アプリの開発を発表した。

 モバイル型ロボット電話ロボホンが手話を通訳して、健聴者に伝えるアプリケーションを開発したという。現段階では、手話初学者の手話練習、単語レベルでの意思伝達が可能。

 聴覚障がい者から健聴者へ伝達する際、ロボホンがAI技術(ディープラーニング)で手話の動きを認識・分析。手話の意味する単語を日本語で発話し、さらに内容を外部デバイスのスマートフォンなどに表示される。また、健聴者から聴覚障がい者への伝達は、ロボホンが健聴者の発話を認識して、その内容を外部デバイスに表示する。対応する手話はいまのところ日本語手話のみ。

 今後、国際手話など認識できる種類の増加や、一連の手話を認識し簡単な会話での意思伝達交換、行政や企業の窓口応対などと様々な場所での活躍を目指していくという。

1