[リスボン 8日 ロイター] - 配車大手ウーバー・テクノロジーズは8日、「空飛ぶタクシー」を運航するためのソフトウエア開発で米航空宇宙局(NASA)と提携したと発表した。

顧客は配車サービスと同じように、スマートフォンで航行手段を予約することができる。

ウーバーの幹部によると、ダラス・フォートワースに続いて2020年にはロサンゼルスで、時速322キロで乗客4人を運ぶ空飛ぶタクシーを試験的に導入する。

2023年には都市間を結ぶサービスを開始する予定で、欧米の航空規制当局と作業を進めているという。