[北京 9日 ロイター] - 中国保険監督管理委員会(保監会)が9日公表した資料によると、国内保険業界の2017年1─9月の保険料収入は3兆元(4530億ドル)となり、前年同期比21%増加した。

前年同期の32%増から鈍化した。規制当局が、一部の保険会社の高リスク投資に対する取り締まりを強化したことが背景。

保険各社による投資残高は9月末時点で14兆6000億元と、年初から9.38%拡大した。

保険各社が保有する資産総額は9月末時点で16兆5800億元となり、年初から9.69%増加した。

1─9月の運用利回りは4.05%。前年同期を0.1%ポイント上回った。

1─9月の保険会社の利益は、前年同期比18.31%増の1857億元だった。

*内容を追加しました。