プレゼン、会議、打ち合わせに効果抜群! 仕事に効く「図の使い方」。
企業研修、ワークショップの実績多数! ニューズピックスのクリエイティブ統括者であり、どんなものでも「図」にする図解オタクの櫻田氏の新刊、『図で考える。シンプルになる。』が発売! 発売4日で重版も決まり、話題になっている。

WIRED、ハフィントンポストといったメディアからのデザイン依頼に加え、コンサルティングファームや広告代理店で「図解思考」「デザイン×図解」などのテーマで研修をこなす本格派は何を語るのか。その秘伝の秘を、本連載ではあますところなくお伝えします。(構成:中村明博)

図で考える
人生戦略

 人生戦略、つまりキャリアを検討する上で最も大事なのが「どういう一生を送って、人生で何を成したいのか」です。

櫻田潤 (さくらだ・じゅん)ニューズピックス インフォグラフィックエディター。仕事に必要な知識を身につける過程で、「モノゴトを深く理解したい」という欲求を持つようになり、そこから本やテレビ番組の要約を「1枚の図」にまとめる習慣が生まれる。作り上げた図を、自分の個人サイト「ビジュアルシンキング」にアップしたところ、従来の図解にデザインの考え方を反映させた手法が話題になる。

 例えば、ビジョンを高く持ち、「世界をよりよく変えるようなことをしたい」と思うのであれば、強烈な経営者のもとで無理難題に応えながらハードな仕事をするという選択が生まれます。

 それに対し、「家族との時間を大切にしたい」と思うのであれば、ライフスタイルとの相性に重点を置くことになります。他にも「趣味を仕事にしたい」「自分の地元に貢献したい」などがあります。

 スケールはさまざまですが、どれも尊重されるべきものだと思います。一生を通じて「何を成したいのか?」を考えるようにしましょう。

 ちょっとしたきっかけで「何を成したいのか?」が変わることもあるでしょう。しかしまずは、現時点の想いをクリアにすることが大切です。心の奥底に眠る「本心」を見つけることができるかもしれません。

 ここで使うのは「ピラミッドの図」になります。

 下図の思考例は、ある中堅マネージャーのものです。

 これを参考に、自分ならどんな方向を目指すか考えてみましょう。

 まずピラミッドを書きます。そして「何を成したいのか?」を加えていきましょう。

 書き終えたら、「上から下」の流れに一貫性があるかを確認します。それができたら、反対に「下から上」方向に見て、違和感がないかを確認しましょう。2つの流れを意識することで、図の精度がより上がります。