[ワシントン 9日 ロイター] - 米共和党のフレーク上院議員は9日の声明で、同党上院執行部の財政改革案が国家債務に与える影響について懸念を示した。

フレーク議員は「現状の財政改革案が短期的な修正によって、既に膨大な金額になっている債務をさらに膨らませるのではないか、と引き続き懸念している」と語った。ただ、改革案に賛同するかはどうかは明言しなかった。

上下両院の税制改革案では、減税に伴い10年間で約1兆5000億ドルの財政赤字が生じる可能性がある。