[東京 10日 ロイター] - 麻生太郎財務相は10日の閣議後会見で、米国を除く環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国が大筋合意に至ったことについて「まとまったことは良い事だ」と歓迎した。一方、「たとえばメキシコやベトナムというところは合意できてないのでは。その2つはまだ揉めていると思っている」と述べ、完全合意に向けた詰めの調整が残されているとの認識を示した。

(梅川崇)