[モスクワ/北京 9日 ロイター] - ベトナムのダナンで10日始まるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にあわせ、同会議に出席するロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領が首脳会談を行う見通しは立っていない。

ロシアのウシャコフ大統領補佐官は9日、国内メディアに対し、米ロ首脳会談が10日に開催されると発言。しかし、ティラーソン米国務長官が正式な会談に関する決定は下されていないと述べたことを受け、ロシア大統領府のペスコフ報道官は大統領補佐官の発言を撤回した。

米国との関係改善を望むロシア政府は首脳会談開催に向けて調整していることを明らかにしてきた一方、トランプ大統領はアジア歴訪に出発する前、FOXニュースに対し、プーチン大統領とベトナムでシリアやウクライナ、北朝鮮の問題について協議する可能性があると述べていた。

トランプ大統領とともに北京に滞在していたティラーソン長官は、米ロ首脳会談について「正式な二国間での合意はなされていない」とした上で、両首脳が顔を合わせた際にその場で脇に寄って会話することはあり得ると述べた。

長官はまた、正式な首脳会談を持てるほどの協議内容を持ち合わせているかどうかが問題だとも述べた。

ロシア大統領府のペスコフ報道官はティラーソン長官のコメントについて記者団に問われると、会談を開催する可能性を引き続き協議していると述べた。