[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、同行のフォワードガイダンスは市場見通しを誘導する点で成功しており、今や政策ツールとして確立したとの見解を示した。

同総裁は会合で「フォワードガイダンスは本格的な金融政策ツールとなった。(金利上昇後もそうなるかは)分からないが、これまでの経験は成功といえる」とし、効果が実証された金融政策ツールを捨てる必要はないと述べた。