[ワシントン 15日 ロイター] - 米医療保険制度改革法(オバマケア)の個人プラン契約者数は、2018年向けの公開登録期間2週目で80万人強、2週間で計150万人近くに達した。

「メディケア・ メディケイド・サービス・センター(CMS)」 の最新データで分かった。昨年の同期間より増えたという。新たな契約者約34万5000人も含む。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)