ヤマハ

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン、ディーアンドエムホールディングス、ヤマハミュージックジャパン、ドルビーラボラトリーズ、ビデオマーケットは11月15日、共同で「映画を聴こうキャンペーン」を実施すると発表した。

 オーディオメーカーの5ブランド(オンキヨー、パイオニア、デノン、マランツ、ヤマハ)の対象製品(ホームシアター機器)を期間内に購入し、ウェブ(https://eigakiko.com)から申し込みを行なうと、もれなく5000円相当(新作映画約10本分)のビデオマーケット動画視聴ポイント、または「Chromcast」本体と1000円相当のビデオマーケット動画視聴ポイントがもらえる。

ヤマハ
キャンペーンに参加するオーディオ機器メーカー

 キャンペーン期間は、購入期間が11月15日から2018年1月31日までで、応募期間は12月1日から2018年2月7日となる。

ヤマハ
キャンペーン対象モデル一覧

 対象モデルはオーディオ5ブランドの全36モデル。AVアンプやサウンドバー、ホームシアターシステムとなる。

キャンペーン対象機種の一部

ヤマハ
ヤマハ
ヤマハのサウンドバー「YSP-2700」とAVアンプ「RX-V583」
ヤマハ
ヤマハ
デノンのAVアンプ「AVR-X4400H」と「AVR-X1400H」
ヤマハ
ヤマハ
マランツの11.2chAVアンプ「SR-8012」と7.2chサウンドレシーバー「NR1608」
ヤマハ
ヤマハ
オンキヨーのホームシアターシステム「BASE-V60B」とAVアンプ「TX-NR676E」
ヤマハ
ヤマハ
パイオニアのサウンドバー「FS-EB70B」とAVアンプ「VSX-832」

年末商戦にホームシアター機器の巻き返しを!

ヤマハ
日本オーディオ協会 会長の校條亮治氏

 今回のキャンペーンの旗振り役を務めたのが日本オーディオ協会 会長の校條亮治氏。背景には日本のホームシアター機器の普及が頭打ちになっていることがあり、本来は競合するメーカーが力を合わせてキャンペーンを実施。

 また、「映画を聴く」というキャッチコピーは2018年の4K・8K実用放送を見越したもので、放送に先駆けて、この年末は映画をいい音で聴く、というコンセプトになったという。

 校條氏は「(映画の)作り手はスマートフォンのサイズで映画を作っているわけではない」とし、「作品本来の感動を届ける責任がある」と述べた。

ヤマハ
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン 代表取締役社長の荒木 健氏
ヤマハ
ディーアンドエム 代表取締役 ジャパン・セールス&オペレーション プレジデント兼CF0の中川圭史氏
ヤマハ
ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏
ヤマハ
ビデオマーケット 代表取締役社長の高橋利樹氏

 そして、発表会にはオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン 代表取締役社長の荒木 健氏やディーアンドエム 代表取締役 中川圭史氏、ビデオマーケット 代表取締役社長の高橋利樹氏など、層々たるメンバーが集結。各社のこのキャンペーンのへの意気込みが伝わってきた。

ヤマハ
ホームシアター業界はメーカーの垣根を越えて年末商戦に挑む!