[ワシントン 15日 ロイター] - 米消費者金融保護局(CFPB)のコードレー局長は15日、今月末で辞任する意向を示した。CFPBは金融危機発生時にオバマ前大統領によって設立され、コードレー局長の下、銀行や自動車ディーラー、クレジットカード会社などによる高金利融資に厳しい罰則を課してきた。

当初の任期は来年7月まで。コードレー氏は早期辞任の理由について明かしていない。CFPBの広報担当者はこれ以上の詳細について言及を避けた。

これを受け、トランプ米大統領は自身の規制撤廃に向けた取り組みを支持する局長代理を速やかに任命する見通し。

コードレー局長は、オバマ政権時代に導入された金融規制を緩和しようとするトランプ米大統領や共和党員の取り組みに対し防波堤の役目を果たしてきたが、後任は誰であれ規制緩和の流れにシフトすると予想されている。

ホワイトハウスの副報道官は「トランプ政権はコードレー局長の後任となる候補者や局長代理を適切なタイミングで発表する」と述べた。

トランプ氏はひとまずムニューシン財務長官を後任とすることで、異論が出かねない承認手続きを回避する可能性がある。

正式な後任候補として名前が挙がっているのが、共和党のジェブ・ヘンサリング下院議員。同氏はCFPBの監視力を抑制しようとするなど長期にわたってCFPBを批判しており、数カ月前にはトランプ氏に対しコードレー局長の解任を進言していた。

ヘンサリング氏は2018年末での政界引退を発表済み。同氏の広報担当者にコメントを求めたが、現時点で返答はない。

別の候補者として共和党のフレンチ・ヒル下院議員も名前が挙がっている。同氏もCFPBに対して批判的。ヒル氏の広報担当者からもコメントを得られていない。

また可能性は低いが、米議会によってCFPBの体制見直しが進められる公算もある。

コードレー氏は辞任後の方針について言及していない。ただ、出身地であるオハイオ州の知事選に民主党候補として出馬を検討しているとの観測もある。