[北京 16日 ロイター] - 中国商務省が発表した1─10月の非金融部門対外直接投資は863億1000万ドルで、前年同期比40.9%減少した。

公式データからのロイターの算出によると、10月は前年比29.6%減の82億8000万ドル。9月の42.5%から減少幅が縮小した。

中国企業による海外投資は、政府が資本流出規制を強化して以来大幅に縮小している。

政府は今後も純粋な海外投資は奨励する一方、海外の不動産やホテル、娯楽、スポーツクラブ、映画産業など、より投機的とみなされる投資への投資は制限する考えを示している。

*内容を追加しました。