[北京 16日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)研究局の徐忠局長は16日、中国の経済改革があまりにも遅れれば、「大きな危機」に直面する可能性があると警告した。

同局長は金融関連の会議で、中国は地方政府の債務問題への取り組みを後押しするため、地方政府の財政を改善する必要があるとも述べた。

また、国有企業の混合所有制改革について、企業統治の改善にはつながっていないとの考えを示した。