[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は16日、伝統的な金融機関がオンライン金融各社に対し、消費者のプライバシー保護などを要求すべきとの認識を示した。

フィンテック関連会議の講演原稿で明らかにした。

金融機関は借り手に関する情報を得るため、しばしばオンライン金融会社に支払いを行う。このことから、消費者保護やプライバシーに関して高い基準設定が可能と指摘した。