ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

日本GE社長 マーク・ノーボン
130年続けた聖域なき事業ポートフォリオ再構築

2011年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

エジソンの白熱電球に始まり、その後インフラ企業に転身。創業から130年たった今も、世界のトップに君臨する強さの秘密に迫る。

Photo by Kazutoshi Sumitomo

──ゼネラル・エレクトリック(GE)の強みは何か。

 たくさんあるが主に四つ、研究開発と人材投資、事業ポートフォリオの組み替え、「Integrity(誠実さ)」が挙げられる。

 研究開発には2010年で、約50億ドルもかけた。これは社会インフラ部門の売上高6%に相当する。競合他社は3%ほどなので、他社と比べて2倍も投資していることになる。人材にも年間10億ドル近くの投資をしており、この二つの投資は金融危機を受けて行った投資の見直し以降も、額を減らしていない。

 「Integrity」は、単に法律を守るだけでなく、従業員と顧客、株主が誇りを持てる企業であるためのポリシーと定義している。

 おそらく短期間“グレートカンパニー”でいることは、それほど難しくない。長いあいだトップ企業であり続けられる理由は、今挙げた四つのことを長きにわたって続けてきたからだと思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧