[北京 17日 ロイター] - 中国外務省は16日夜、習近平国家主席が、サウジアラビアのサルマン国王に対し支持を電話で表明したことを明らかにした。中東ではサウジ、イラン、レバノンやイエメンの間での緊張感が高まっている。

中国は中東産原油に依存する一方で、同地域での紛争や外交にあまり関与してこなかった。ただ、3月のサルマン国王の訪中以降、存在感を高めようと努力している。

習国家主席はサルマン国王に対し、国際的・地域的な状況がいかに変わろうとも、サウジとの戦略的協力を深めようとする中国の決意は揺らがないと伝えたという。

国家主席はさらに、両国首脳が緊密なコミュニケーションを維持する重要性に言及。両国は包括的な戦略パートナーであり、戦略的な相互理解は深まっていると述べた。

外務省によると国家主席は「中国は、サウジの国家主権を保護する努力を支持する」と表明したという。

同省の声明文には、レバノンのアウン大統領が15日、辞任を表明したハリリ首相についてサウジに拘束されているとの見解を示したことなどについては特に触れられていない。