[香港 17日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は17日に公表した第3・四半期の金融政策報告のなかで、穏健で中立的な金融政策を維持するとともに、流動性状況を安定化させるとの方針を示した。

人民銀はまた、人民元の双方向への柔軟性を増大させながら相場を安定的に維持するとの方針も表明。中国の供給サイドの改革と質の高い経済成長に適切な金融環境を維持するとの方針も示した。

このほか、金融政策とマクロプルデンシャル・アセスメント(MPA)を組み合わせた「2本の柱」からなる枠組みの改善を図り、流動性の管理に向け複数の金融政策措置を利用していくとも表明。「先手を打って銀行システム内の流動性を基本的に安定的に保つための微調整を強化できるよう、物価・量的措置を包括的に利用していく」とした。

人民銀はまた、アセット・マネジメント業界に対する規制強化に向けた広範なガイドラインも公表。急速に拡大しているシャードーバンキング(影の銀行)部門に起因するシステミックリスクに対応していく姿勢も示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)