[ハラレ 19日 ロイター] - ジンバブエのムガベ大統領は19日にテレビ演説を行い、与党などからの辞任要求に応じる姿勢を示さなかった。政府や軍指導部に近い関係者の話では、ムガベ氏はこの演説で辞任を表明するとみられていた。

しかし同氏は、与党や軍、国民から批判を受けている点は認めながらも、自身の立場には言及せず、12月に予定されている与党の大会を主催する意向を表明した。

与党側はムガベ氏に24時間以内に辞任しなければ、議会で大統領の弾劾に動くと警告している。また与党執行部は既に、新党首にムナンガグワ前第1副大統領を指名した。