ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉田恒のデータが語る為替の法則

ドル/円が底堅くなってきた裏事情とは?
「有事のドル高」が対円にも波及か

吉田 恒
【第169回】 2011年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー

 今週の米/ドル円は、77円前後で底堅い感じが出てきました。その中で、少し米ドルが上値をトライしそうな兆しすら出てきました。このおもな米ドル買いは、日本の銀行の米ドル資金調達の動きではないでしょうか。

対円にも波及し始めた
「有事のドル高」

 「資料1」は、欧州の銀行の米ドル資金調達コストを示すグラフです。

 これを見ると、欧州の銀行では、最近にかけて米ドル資金の調達コストが2008年の秋から2009年の春にかけて展開した「100年に一度の危機」に近いところまで悪化してきたことがわかるでしょう。

【資料1】

 このように、米ドル資金の調達が困難になった欧州の銀行では、外為市場で米ドルの調達を増やす動きとなりました。これがユーロ安・ドル高をもたらしてきた一因というわけです。

 ところで、そうした米ドル資金の調達難は、これまで日本の銀行には目立っていませんでした。だから、邦銀ではリスク回避局面という「有事」でも米ドル買いが広がらなかったため、全体的な「有事のドル高」の中で、米ドル/円だけは蚊帳の外となっていたわけです。

 しかし、ここにきて、邦銀にも米ドル資金調達難が波及し始めてきたようです。このため、邦銀が外為市場で米ドル買いに動くようになったことから、米ドルは対円でも底堅くなってきたということだと思います。

米ドルが一段高へ向かう
可能性は?

 では、米ドルは対円で底堅くなっただけでなく、一段高へ向かう可能性はあるのでしょうか? その鍵を握るのは、ヘッジファンドなどの投機筋ではないでしょうか。

 「資料2」は、ヘッジファンドなどの取引を反映しているCFTC統計の円ポジションですが、これを見ると、投機筋は円買い越し、つまり米ドル売り・円買いポジションにあると思います。

【資料2】

 米ドル資金の調達コストが上昇することで、投機筋が米ドル資金の返済を急ぐなら、米ドル買い、円売りが拡大する可能性はあるでしょう。

 また、そんなヘッジファンドが、米ドル買い、米ドル売りの目安にしているとされる120日移動平均線は、足元で77.8円程度まで下がってきました(「資料3」参照)。

【資料3】

 米ドル資金調達コストの悪化とともに、この120日移動平均線を米ドルが越えてくるかどうかが、投機筋も米ドル買い拡大に向かうかを考える上での焦点ではないでしょうか。

記事の続きを読む

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田 恒 

立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。財務省、日銀のほかワシントン、ニューヨークなど内外にわたり幅広く取材活動を展開。同社代表取締役社長、T&Cホールディングス取締役歴任。緻密なデータ分析に基づき、2007年8月のサブプライムショックによる急激な円高など、何度も大相場を的中させている。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。


吉田恒のデータが語る為替の法則

為替相場には法則がある! 数々の大相場を的中させてきた吉田恒が、豊富な過去データを分析して法則を導き出し、為替の先行きを予想します。

「吉田恒のデータが語る為替の法則」

⇒バックナンバー一覧