[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は20日、ユーロ圏におけるデジタル通貨の導入の経済への影響は限定的で、ECBの通貨供給能力に脅威を及ぼすものではないとの考えを示した。

ドラギ総裁は欧州議会で「(仮想通貨の影響は)かなり限定的とみている」とし、「このため中央銀行に対するリスクになるものとは考えていない」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)