[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は20日、銀行が保有する国債を制限する手段について各国の規制当局の間で共通認識は得られていないとし、欧州連合(EU)はこの件に関して一方的な判断を下すことに慎重になる必要があるとの考えを示した。

ドラギ総裁は欧州議会で「この件に関する世界的な合意はまだ得られていない」とし、「EUは独自路線を決定する場合、欧州の銀行が不利な立場に置かれる可能性があると認識する必要がある」と述べた。

ドラギ総裁はこのほか、地政学リスクや海外の政策に対する失望などで市場に調整が入り、ユーロ圏で望まざる金融情勢のひっ迫につながる可能性があるとの認識も示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)