デジタルアーツは11月20日、企業・教育機関・官公庁向けエンドポイントセキュリティースイート「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の新機能として、iOS向けウェブフィルタリングサービス「MultiAgent for iOS」を11月30日より提供開始すると発表した。

 標準ブラウザー「Safari」をはじめ、業務アプリや学習支援アプリなど、iOS上で動作するすべてのアプリケーションでHTTP/HTTPS通信のフィルタリング設定ができる。また、教育現場の利用で要望の高かったというインターネットタイマーや警告画面の表示機能も搭載。問題が発生した際の詳細なログ出力も可能だという。

 i-FILTER ブラウザー&クラウドはマルチアプリケーション対応のフィルタリングサービス「MultiAgent」と、端末内のデータ保存を制御できる「SecureBrowser」で構成されるセキュリティースイート製品。ライセンスはクラウド上で端末の一括管理および設定が可能で、マルチデバイスやマルチOSといった環境のほか、導入端末の変更にも柔軟に対応できるとしている。

digitalarts
「MultiAgentfor iOS」のサービスイメージ