■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

午後5時現在 112.03/05 1.1756/60 131.76/80

NY午後5時 112.43/46 1.1737/39 131.98/02

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の112円前半。日米の休日を前に持ち高調整主体の動きとなった。

<株式市場>

日経平均 22523.15円 (106.67円高)

安値─高値   22513.44円─22677.34円

東証出来高 16億0339万株

東証売買代金 2兆7064億円

東京株式市場で日経平均は続伸した。前日の欧米株高を受けて、東京市場にも海外勢の資金が流入した。世界景気の拡大期待が強く、自動車、ハイテクなど外需株のほか、機械、鉄鋼などの景気敏感セクターが集中的に物色された。ただ、祝日前で利益確定売りも多く、買い一巡後は伸び悩んだ。

東証1部騰落数は、値上がり1062銘柄に対し、値下がりが868銘柄、変わらずが108銘柄だった。

<短期金融市場> 17時06分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.054%

ユーロ円金先(17年12月限) 99.935 (+0.005)

安値─高値 99.935─99.935

3カ月物TB -0.257 (-0.014)

安値─高値 -0.257─-0.257

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.054%になった。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.2456%、平均落札利回りはマイナス0.2538%と前回(最高:マイナス0.2270%、平均:マイナス0.2382%)に比べて低下。

<円債市場> 

国債先物・17年12月限 151.15 (+0.13)

安値─高値 151.07─151.19

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.020% (-0.005)

安値─高値 0.025─0.020%

国債先物中心限月12月限は前日比13銭高の151円15銭と続伸で引けた。良好な需給環境が意識される中、前日の好地合いを引き継いで買いが先行。日銀が中期・長期を対象に実施した国債買い入れが順調な結果になると、上げ幅を拡大し、一時151円19銭と中心限月ベースで9月11日以来、約2カ月ぶりの水準に上昇した。グローバルに株高の流れが続いているが、「株価の上値余地が限られるとの見方から、投機筋が先回り的に安全資産とされる債券に買いを入れているようだ」(国内金融機関)との声が出ている。

現物市場はしっかり。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低い0.020%と11月8日以来約2週ぶりの水準に低下した。積極的に買い進む投資家が見られなかったが、先物主導で利回りが低下した。

<スワップ市場> 17時00分現在の気配

2年物 0.08─-0.01

3年物 0.10─0.00

4年物 0.12─0.02

5年物 0.14─0.04

7年物 0.19─0.09

10年物 0.28─0.18