[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州委員会が発表した11月のユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)はプラス0.1と、前月のマイナス1.1から改善し、約17年ぶりの高水準を更新した。ロイターがまとめたエコノミストの予想平均はマイナス0.8だった。

同指数の長期平均はマイナス10を下回っており、プラス圏を回復するのは2001年1月以来。

欧州連合(EU)全体の消費者信頼感指数はマイナス0.7と、前月のマイナス1.6から改善した。