[ブリュッセル 23日 ロイター] - メイ英首相が24日、ブリュッセルを訪問する。欧州連合(EU)当局者らは、英国のEU離脱交渉を巡り、メイ首相が国内で反発を受けるリスクをとり、12月中の交渉進展を確かなものにするために提案を修正する兆候を示すかに注目している。

EU当局者や外交筋は、トゥスクEU大統領との会談後7─10日以内に、メイ首相が三つの懸案事項で進展をもたらし、離脱交渉が12月14、15日の会談で新たな局面に入るよう期待している。

EU当局者はロイターの取材に対し、「メイ首相に修正余地があるのかは分からないが、行動への意欲は見られる」と指摘した。

*体裁を整えてカテゴリーを追加します