フランスに本社があり、欧州で高いシェアを持つWiko(ウイコウ)。国内向けとしては第2弾となる「View」を発表した。2万円台後半という価格でミドルクラスの性能ながら、18:9の縦長ディスプレーを採用。セルフィーを重視して、フロント側に16メガのカメラを搭載するなど、特徴的なモデルとなっている。今回は実機の写真を中心に紹介していこう。

1
WikoからSIMフリースマホの新機種が登場。2万円台後半で縦長ディスプレーを採用している

インカメラが高性能! すごくミドルクラスの実用的な端末
シンプルなのになぜか魅力的なカラバリとデザイン

 まずは主要スペックから。前述したようにミドルレンジの内容となっている。5.7型液晶の解像度は720×1440ドットで、CPUはSnapdragon 425(1.4GHz、クアッドコア)。3GBメモリー、32GBメモリー、13メガカメラ(イン16メガ)、2900mAhバッテリー、Android 7.1などとなっている。性能的には高いわけではないものの、素のAndroidに近い内容とHDクラスの解像度ということもあり、動作のスムーズさに不満無し。背面にはタッチ式の指紋センサーも搭載している。

1
背面にはタッチ式の指紋センサーが。カラバリの名称はディープ・ブリーン。深い青と深い緑の中間的な色だ

 ネットワーク面では、国内3社の主要バンドとVoLTEの両方に対応するなど、日本向けのカスタマイズはしっかり行なわれている。背面カバーを開くと、microSIM×2とは別にmicroSDスロットも用意されており、ストレージを拡張しながらDSDS機能を利用できる。

1
1
こちらがパッケージ。起動時のロゴには「Game changer」という文字も
1
1
メタル筐体ではないので高級感とはまたちょっと違うが、それでもただの実用的なスマホではない雰囲気も持っている
1
1
縦長ディスプレーで比較的狭額縁でもある
1
1
背面カバーを外したところ。バッテリーの交換が可能。microSIMスロット×2とは別にmicroSDスロットが用意されている
1
1
カメラでも背面をボカすモードやフィルターなどが用意されている

 カラバリはブラック、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド、ゴールドの4色だが、前モデルの「Tommy」と同様に、本体前面は黒の一色で、取り外し可能なカバーによって、カラバリが変わる形。背面カバーは当然プラスチックながら、今回はポップさより、金属調の雰囲気を演出。特にディープ・ブリーンは見る角度や照明によって、濃い緑にも青にも見えるので不思議な魅力を持つ(今回の写真ではホワイトバランスの関係か青寄りだが、実際に目で見ると緑っぽい)。

1
1
ブラック
1
1
チェリー・レッド
1
1
ゴールド

 CPUとディスプレーの性能がやや低めだが、インカメラは逆に高性能。18:9の縦長ディスプレーの利便性も高い。SIMフリースマホとしての機能はひととおり揃えており、デザインが気に入るようなら選択肢に入ってきそうだ。

1
1
Viewの発表会会場では前モデル「Tommy」のくまモンモデルが展示されていた

■関連サイト