NTTメディアサプライ、西日本電信電話名古屋支店、豊田市立浄水中学校が主催した「VR技術を活用した新たな学校教育モデルの創出」において、360Channelは同社の「総合VRプロデュース事業VR PARTNERS」として参画したことを発表した。

mogura

 今回、360Channelは社会科の地理分野を対象として実施した授業においてVR映像などを提供。教諭からは「まるで現地に行っているかのような体験をさせることで、主体的な取り組みを促す効果がある」との評価を得た。生徒からも紙の資料では伝わらない雰囲気なども記憶に残るとの回答を得ており、一定の学習効果があると推測される。

 参画の背景として、NTTメディアサプライは平成24年度から公衆無線LANの普及促進をしており、地域社会の課題解決に貢献できるようVRなどの映像コンテンツ事業を新たに検討していた。また、浄水中学校はICT機器を活用した「主体的に学習に取組み、わかる授業」を目指していた。今回、VR技術の教育分野への応用による、「生徒の取組姿勢(主体性)の変化や、探究的な学習による習熟度の効果測定を行いたい」という両者の思いから取組みが実現したとのこと。

 360Channelは、「今後もNTTメディアサプライと連携し、教育分野におけるVR技術の活用を積極的に進め、観光促進や地域社会の活性化にも寄与したい」としている。