聖火リレー

 まもなく冬季オリンピックが韓国・平昌(ピョンチャン)で開催されます。オリンピック開催前の行事といえば聖火リレー。スポーツ選手に加え、一般市民も参加してアテネから空輸された聖火を会場までトーチを使ってリレーしていきます。

 この華やかな聖火リレーに、なんと参加することができました。聖火リレーのスポンサーはサムスン、KT(韓国のキャリア)、コカ・コーラ。モバイルに遠からずの企業がスポンサードしています。果たして聖火ランナーになるとどんなことをやるのか、当日の様子などを振り返ってみました。

聖火リレー
サムスンはオリンピックの聖火リレースポンサー

前日からブリーフィング続きで緊張

 2018年ピョンチャン冬季オリンピックの聖火リレーは2017年11月1日から開始されました。韓国内を7500人ものランナーが走ります。筆者が参加したのは11月11日。走る場所は韓国第二の大都市・釜山市内でした。

 なお、場所は決まったものの、実際にどこを走るかはセキュリティー上の都合で前日になるまで教えてはくれません。せっかく走るのだからスマートウォッチで心拍数を図ろうかなどと考えていたのですが、実際は当日かなりバタバタしてしまいほとんど何もできませんでした。

聖火リレー
なんだかんだと当日は慌ただしく、前夜の焼肉までしか心の余裕は無かった

 聖火リレーに参加するためには、事前にユニフォームのサイズやパスポート番号の登録などを数ヵ月前に行ないます。当日持参するものは白い靴と必要に応じて白系の目立たないTシャツなど。

 ウェアーが白なので、ほかの目立つものは一応控えるようにとのことです。11月の釜山の天気がわからないものの、真冬ではなさそうなので、こちらで準備したのは靴とTシャツだけでした。

聖火リレー
前夜はしっかりとバスタブで身体を清める

 さて、前日のブリーフィングでは聖火ラン当日(翌日)の細かい説明を受けます。会場へ集合しての移動、当日の持ち物、トーチの聖火交換方法、走る際の注意、などなど。

 自分の走る場所で待機中、一般の観客に記念写真を求められるときは「笑顔で」なんてアドバイスも受けました。そして、「聖火は絶対に人に持たせないこと」とのこと。過去に他人にちょっと預けたらそのまま走って逃げようとした、なんてトラブルもあったそうです。

聖火リレー
なにせ初めての体験なので説明も真剣に受ける
聖火リレー
聖火交換を試しにやってみたりした

聖火トーチの重みがのしかかる

 聖火トーチを持ってみると意外と重く、これを持って走るのはちょっと大変に感じました。前走者、次走者の人との聖火交換する練習も行ってみましたが、その際は何かポーズなどをしたほうがいいそうです。

 でも、すでに緊張が高まりつつあったので考える余裕はありません。しかも、練習風景をオフィシャルのカメラマンに撮られていると「聖火リレーって、もしかしてとんでもないすごいイベントに自分が参加するの?」かと、重圧を少しずつ感じてしまいます。

聖火リレー
ついつい聖火を手にセルフィーしてしまう

 説明を受けてから食事などを済ませてホテルの部屋に戻ると、翌日のユニフォーム一式が届いていました。気分が一気に盛り上がってきます。TVでよく見た光景を自分が走るんだ、そう思うと興奮してしまい深い眠りには着けませんでした。

聖火リレー
届いたユニフォーム一式を見ると気分が盛り上がる
聖火リレー
さっそく着てみた。これで明日走るのだ

 そして、当日の朝。ホテルの朝食会場へ向かうものの、あまり食欲はありません。もうお腹いっぱいと言うか、「どんな走りを見せよう」なんて考えると緊張感が高まってしまいます。いま思うと何を食べたか思い出せないくらい、当日の午前中は何をやったか覚えていません。

 気が付けば集合時間のお昼の15分前になっており、慌ててユニフォームに着替え荷物をまとめてホテルのロビーへ向かったのでした。

聖火リレー
いよいよ会場へ!とにかく記念撮影ばかり(笑)

当日もギリギリまで打ち合わせがつづく……!

 そののあとは送迎の車で、リレーの集合会場である競技場へ。会場へ着くと多くの関係者などから歓迎を受けます。実は空港到着やホテル到着時にも同じような歓迎を受けており、「聖火ランナーを盛り上げよう」という空気に常に包まれていました。

 最初はちょっと戸惑ってしまったのですが、だんだん慣れてくるとこちらもハイタッチで応えるなど、気分が盛り上がってきます。

聖火リレー
会場では説明を受ける

 会場ではオリンピック委員会の方から改めて説明を受けました。オリンピックの聖火のキャッチコピー「Let Everyone Shine」の説明を受けたり、聖火タッチの練習も再び実施。万全の状態で現地へ向かう準備を進めます。

 ここで、改めてタッチの時に何をするかを前後の走者同士で決めるのですが、なかなか気の利いたポーズは思い浮かばないものですね。「ハイタッチしよう」そう決めるのが精いっぱいでした。

聖火リレー
ここでの聖火タッチはほぼ本番と変わらぬ練習

 競技場での説明や待機時間は1時間くらいあったものの、気が付けば出発時間。走る場所まで送迎してくれるバスに乗りますが、ここでも声援に送られて乗り込みます。

 車内に入ればみなユニフォーム姿。再び緊張感が高まってきます。「もう後には戻れない、自分の走りを見せるだけだ」と意気込むものの、いまからやることはやったことのないこと。何をどうしたらいいかわからぬまま、バスは出発してしまいました。

聖火リレー
このバスに乗っていよいよコースへ
聖火リレー
バス車内では前のグループの聖火ランをリアルタイムで中継

 走行する場所までは30分ほどだったかと思います。ところが、途中で「時間が早い」とのことで駐車場に入り小休止。

 しばらくするとランナーと一緒に走るスポンサーのバスもやってきました。サムスン、KT、コカ・コーラのコーポレートカラーをまとったバスで、スピーカーから音楽を流しながらノリノリでライナーや観客を沸かせてくれます。

聖火リレー
途中で休憩。スポンサーのサムスンの応援バス
聖火リレー
KTの応援バスは5Gをフィーチャー

 ここでの休憩は20分くらいだったでしょうか。せっかく同じルートを走るってことで全員で自己紹介。もちろん我々には通訳がいましたので、ほかの韓国のランナーさんの話を翻訳してもらい、自分たちの日本語も韓国語に通訳してもらいました。

 前のオリンピックでも走った人、兄弟が申し込んでくれて当選した人、中学生などいろいろなメンバーがいます。ここでいったん自己紹介することで不思議と一体感が生まれましたが、「ではバスが出発します」と言われ動き出すと、再び得体のしれない不安感に包まれます。

聖火リレー
沿道は人が増えてくる。後方を見ているのはランナーが来るのを待っているため

「自分が主役」、直前は心拍数も100近くに

 しばらく走ると、ひとり一人が降ろされていきます。降りるや否や集まってきたお客さんたちから声援を受けたり記念写真を求められるのがいい気分のようです。

 「自分が主役」そう頭を切り替えればいいのですが、とにかく過去に経験したことがない雰囲気の中に飲み込まれていきます。「そうだ、バスを降りる前にここで心拍数を図ろう」と自分のスマートフォンで計測してみました。心拍数は95、やはりかなり緊張しています。

 なお、持ち物ですがユニフォームのポケットに入るものはオーケー。しかし、バスから外に出たら一切出してはいけません。道路での待機中にスマートフォンやカメラを出すことはできないのです。

聖火リレー
200mおきに、ひとりひとり降りていく。緊張が高まる
聖火リレー
走行直前に心拍数は「95」まで上がった(その後の「101」は別の理由)

 そして、自分の番がやってきました。バスを降りるとスタッフがいますが、すぐにお客さんが集まってきます。「記念撮影お願いします」との声に笑顔で応えていると、眼の前をスポンサーのバスが3台立て続けに通っていきます。

 それに手を振りつつ準備をしていると、遠くから前の走者の方が走ってきます。「あれ、心の準備が出来ていないぞ」と考えているヒマもなく、「道路に出てきてください」とスタッフに誘導されます。そして聖火を受け、ハイタッチをしてから周りに挨拶。大歓声を受けながら自分の聖火ランが開始となります。

聖火リレー
気が付けばもう自分が走っていた

 走り出すと、眼の前にはビデオを積んだ車が前走しています。普通に走ると近づいてしまうくらい遅く、歩いても大丈夫なほどでした。沿道の人たちに手を振ったりしつつ走るものの、常に見られているためなんだか照れてしまいます。

 また、手袋をして聖火のトーチを持っているのですが、滑りやすくしっかり握らないと落としてしまいそうです。なので、神経の半分くらいはトーチを握る手に集中してしまいました。

 走りながら「まだかな」と思いつつも「もっと走りたいなあ」なんて思い始めたころ、次の走者が見えてきます。「ああ、終わったんだなあ」とほっとしたのもつかの間、自分が聖火を受けたときと同様に今度は聖火を点け渡し、周りへとあいさつ。

 そして、それが終わるとあとからやってきた迎えのバスに乗り込みます。座席に座るとどっと疲れが出てきましたが、なんとも言えない満足感でした。

聖火リレー
証明書を受け取って無事完了

叶うならば2020年・東京では万全の状態で臨みたい

 これでようやく完了。あとは集合場所に戻り、証明書を受領して長い1日が終わりました。なかなかできない体験なのでデジタルを絡めた記録を取りたかったものの、結局心拍数を数回計測したにとどまってしまいました。次に走る機会は恐らくないでしょうが、次回はもっと万全の状態で臨みたいと思います。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!