[北京 25日 ロイター] - 中国政府系の業界団体である中国インターネット金融協会(NIFA)は24日、無資格機関に対して融資の即時停止を指示する書簡を出した。中国政府は金融リスク回避に向け、小口金融業者に対して取り締まりを強めている。

中国では「キャッシュローン」として知られる短期の無担保融資が1兆元(1515億ドル)の規模に上り、法外な金利や暴力的な取り立てが問題となっている。

NIFAは書簡で、無資格の小口融資業が経済的・社会的秩序を乱しており、直ちに業務を停止する必要があると指摘。また、資格を有した業者にもさらなる自制を求め、適正な金利を適用するとともに情報開示を強化すべきだとした。