ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

住宅産業どん底のアメリカでなぜ急成長?
インテリア販売サイト「ワン・キングズレーン」の工夫

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第172回】 2011年11月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 家具やじゅうたん、小物などインテリア商品をオンラインで販売する「ワン・キングズレーン」というサイトが注目を集めている。

 同サイトが設立されたのは2009年末。この不景気と住宅産業不振の状況下でもどんどん業績を伸ばし、2010年には売上を500%拡大させた。現在も毎日30万ドルから100万ドルの売上をたたき出す。登録メンバー数は300万人超だ。

 ワン・キングズレーンの特徴は、いわゆる「フラッシュセール」と呼ばれる時間限定販売である。フラッシュセールは数年前から、まずはファッション販売サイトで始まった。開店早々の午前9時から2時間などの限定で、デザイナーものの服を50~70%ディスカウントで売るギルト・グループ、イデリ、ルルなどのサイトが超人気となった。ワン・キングズレーンは同じ手法を利用し、期間限定を3日間にして、インテリア商品を売っているのである。

 そもそもフラッシュセールは、メーカーの在庫処理のために利用されることがほとんどだ。掘り出し物を見つける興奮と制限時間の焦る気持ちとが相乗効果を起こして、セールにはショッピング客の人だかりができる。

 ワン・キングズレーンのサイトを見ると、ソファやテーブルなどの重厚な家具やカラフルなテキスタイル製品などが並んでいる。たとえばダイニング・チェアは、定価一脚500ドル近いものが229ドル。リビングルーム用のフランス風の椅子は、二脚で720ドルのものが299ドルと、驚くようなディスカウントになっている。

 超高級ベッドリネンのブランドとして知られるフレットは、1450ドルのベッドシーツ・セットを539ドルで提供。もっと安いものはと探すと、定価65の香り付きキャンドルが32ドルである。そうかと思うと、3649ドルで売られているが、もともとは5219ドルもするアンティークのトランクまである。安いものから高価なものまで、このサイトへ来ると何かしら好きなもの、興味を引くものが並んでいて、そのディスカウント率にグッと引き込まれそうになるというしかけだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧