[バンコク 24日 ロイター] - タイのプラユット首相が内閣改造を実施した。官報で24日に公表された。プラユット氏が2014年に権力を握って以来、内閣改造は5回目。

18の閣僚、副大臣、副首相を交代・任命した。最も高いポストで入れ替わった中には商業、農業、エネルギー、労働、観光の各担当閣僚が含まれる。

内閣の36メンバーのうち、今回の改造で軍出身者の数は12からプラユット氏を含め9に減少した。

軍事政権は民政復帰に向け、2018年11月に総選挙を実施すると約束している。