[ロンドン 28日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカーニー総裁は、英国の欧州連合(EU)離脱へのアプローチにより、同国に重点を置く規模の小さい企業の株式の魅力が低下しているが、世界的に展開する大企業の株式や国債の需要には影響していないとの見方を示した。

この日、半期に一度の金融安定報告を発表した総裁は記者会見で「国内で、リスクプレミアム増大の証拠が散見される」と述べた。

同国の経常赤字の大きさが投資家を不安にさせている兆候はあるかとの質問に対しては、海外からの資金は引き続き流入していると回答。「BOEの仕事は、どのようなシナリオにおいても金融、財政的安定を維持することだ」と述べた。