[ワシントン 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の次期議長候補、パウエル理事が28日、上院銀行委員会の承認公聴会で証言し、国内銀行規制・監督体制が2007━09年の金融危機以降改善し、「大き過ぎて潰せない」金融機関問題が無くなったとの認識を示した。

パウエル氏は「全般的に金融システムはかなり堅固」と指摘。大き過ぎて潰せない国内行がなお存在するかを問われ、「ノーと答えたい」と話した。

金融規制改革で導入された特別清算手続き、「秩序だった清算の権限(OLA)」に共和党が反発しているが、パウエル氏は景気に悪影響が及ぶ恐れがある非常にストレスのかかった状況で、同種の仕組みが必要になると指摘した。