[ブリュッセル/ロンドン 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)関係筋が28日に明らかにしたところによると、英政府はEU離脱(ブレグジット)に伴い支払う清算金を巡り、EU側の要求に近い額を支払う意向を示した。通商協議入りの大きな障害となっている問題で双方が合意に一歩近付いた格好だ。

英メディアは同国政府が今回提案した清算金の額を500億ユーロ前後と伝えた。

ただ、英政府高官は、メイ首相の12月4日のブリュッセル訪問を前にそのような交渉が行われているとは「認識していない」とコメントした。

欧州委員会のユンケル委員長はこれまでに、英国が離脱に伴い支払う必要がある額を約600億ユーロとしている。

デイリー・テレグラフは関係筋の情報として、最終的な清算金の額は、解釈の余地を残しつつ450億ー550億ユーロになると報じた。

また、フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、英政府は最大1000億ユーロの支払い義務を引き受けることに同意したが、向こう数十年間に支払う額は正味でその半分以下にとどまる可能性がある。

欧州委員会はコメントを控えた。

英国のEU離脱担当省は、「集中的な協議」が続いており、双方が「最近の協議の勢い」をベースに次の段階に進む道を模索しているとした。

EU当局者は、協議はなお続いていると強調したが、進展状況について説明を受けたEU外交筋は、英国側の提案は前向きな内容で、清算金に関しては双方の「合意が近い」と語った。

一方で、英国はまだ提案の内容を完全に約束しているわけではなく、EU諸国の大筋合意を当然視するべきではないと警戒する声も聞かれた。

報道を受け、英国が合意なしの離脱を回避できるとの期待が高まり、ポンド/ドル<GBP=D3>は約1%上昇した。