[ニューヨーク 28日 ロイター] - ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は28日、日本の仮想通貨取引所のビットフライヤーに事業免許を交付したと発表した。

ビットフライヤーは米国で取引所の運営やビットコイン向けウォレット(財布)サービスの提供といった業務が認められた。米国内の41州で取引所の運営が可能になる。

NYDFSの幹部は「市場と消費者を保護しつつ、技術革新の促進を図るのは、ニューヨーク州の金融サービス業の監督機関であるNYDFSの使命だ」と述べ、仮想通貨市場は拡大しており、ニューヨーク州は技術の革新を今後も支援するとした。

ビットフライヤーは既に日本の金融庁に登録済みで、年初来の取引高は1000億ドル以上に達している。

*写真を追加します。