11月17日、米大統領就任前は実業家だったトランプ氏(左)は、パナマでのホテルベンチャーを長女イバンカ氏(右)の「任務」として担当させたが、同プロジェクトには犯罪に手を染めた人物らも関わっていたことが明らかとなった。ワシントンで4月撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[パナマ市/トロント 17日 ロイター] - 2007年春、パナマ市にある空港に、多くのロシア人を含む外国人が次々と到着し、迎えにきていたドナルド・トランプ氏のロゴが入った白いキャデラックにさっそうと乗り込んだ。

 このリムジンは、元自動車セールスマンのアレキサンドラ・ベンチュラ・ノゲイラという名のブラジル人が経営する会社のもので、当時トランプ氏の最新プロジェクトだったパナマの70階建て複合施設開発に投資する外国人を勧誘していた。

 米大統領就任前は実業家だったトランプ氏にとって初となる国際的ホテルベンチャー「トランプ・オーシャン・クラブ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー」には、居住用マンションやホテル、そしてウオーターフロントに建てられた帆船形の建物内にはカジノも併設されていた。

「ノゲイラ氏は外交的で明るい若者だった」。2002年にミス・ユニバースの栄冠に輝き、2007年に彼の会社「ホームズ・リアル・エステート・インベストメント・アンド・サービス」の広報を務めていたジャスティン・パセク氏はそう当時を振り返る。

「皆がホームズに感銘を受けていた。当時は不動産ブームの頂点に乗っているように見えた」

 ノゲイラが自らを印象付けようとした中の1人が、トランプ氏の長女イバンカ氏だった。彼は、当時父親の不動産会社トランプ・オーガニゼーションでパナマ開発事業を担当していたイバンカ氏と「何度も」会って話した、とロイターとのインタビューで語った。

「彼女は私のことを覚えているだろう」と彼は言う。