[ハイデラバード(インド) 28日 ロイター] - トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が28日、インド南部ハイデラバードで開幕した「世界起業家サミット」(GES)に出席した。

GESはオバマ前大統領の発案で始まり、これまでに米国やトルコなどで開催されている。

インドのモディ首相が開幕に出席するなか、イバンカ氏は温かく歓迎された。

イバンカ氏は、女性が率いる企業の成長を加速させ、起業家間の性差を軽減することにより、世界の国内総生産(GDP)伸び率が2%押し上げられると演説。世界には依然大きな性差があるとし、女性起業家の機会向上を訴えた。

トランプ政権下で初の開催となった今年のテーマは「女性ファースト、全員のための繁栄」。参加者の過半数が女性で、アフガニスタン、イスラエル、サウジアラビアなどの国の代表が全員女性となった。

インドは米国にとって主要な貿易相手国となっており、昨年の相互貿易額は約1150億ドルに達した。両国は、2022年までにこれを5000億ドルまで拡大したい考え。

また、中国がアジア内外で影響力を拡大する中、米印の軍事・戦略的関係も改善している。