[国連 29日 ロイター] - 国連のフェルトマン事務次長(政治局長)が29日、北朝鮮の新たな弾道ミサイル発射を受けて同国の慈成男(チャ・ソンナム)国連大使と会談し、さらなる不安定化を招く行為を停止するよう求めた。

フェルトマン氏は北朝鮮のミサイル発射を受け開かれた国連安全保障理事会で「会談では、朝鮮半島で今起きていることは世界の平和と安全にとってこれ以上ないほど危険だと強調した」と明かした。