[北京 30日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した11月の非製造業購買担当者景気指数(PMI)は54.8で、10月の54.3から上昇した。サービスセクターの堅調な伸びが続いていることが示された。

中国指導部は、投資と輸出に大きく依存する経済モデルのバランス再調整に向け、サービスと消費の伸びに期待をかけている。

中国のサービス部門は国内経済の半分以上を占め、賃金上昇で消費者の購買力が高まっている。