Y!mobileは11月30日、2017-2018冬春モデルとして京セラ製スマホ「Android One X3」を発表しました。発売時期は2018年1月下旬以降の予定です。

Android One X3
Android One X3
ホワイト

 Android One X3は、5.2型フルHD解像度(1080×1920ドット)ディスプレーに、SoCがSnapdragon 630、3GBメモリー、32GBメモリーとミドルハイエンドレベルと言えるスペックの端末です。

 メーカーは京セラですが、Googleおよびクアルコムが提唱する「Android One」の枠組みで企画・製作された製品のため、OSはほとんど素のAndroidで、発売から24ヵ月間1回以上のOSアップデート、発売から3年間のセキュリティーアップデートを受けられます。

 一方で、ハードウェアはメーカーごとの独自技術が採用されています。X3の場合は、京セラ独自の「ハイブリッドシールド」ディスプレーを採用し、画面の割れにくさを強化。また、厚さ8.2mmと抑えめながら、IPX5/7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能、そして米国国防省基準MIL-STD-810G準拠の耐衝撃性能を備えています。

Android One X3
Android One X3
ライトブルー
Android One X3
Android One X3
ブラック

 もちろん、指紋センサーによるロック解除や、ワンセグ、赤外線、おサイフケータイにも対応。日本独自仕様の機能もきちんと利用でき、かつセキュリティーアップデートの適用で安心して長く使える端末に仕上がっています。