立体感のある3D動画をお手軽に撮影できてしまう、3Dカメラの「WEEVIEW SID 3D Camera」が日本トラストテクノロジーから発売。イケショップにて店頭販売中だ。

3D
3D
スマホに対応した手のひらサイズの3DカメラがJTTから発売。手軽に3D動画を撮影、スマホ用VRゴーグルで視聴できる

 WEEVIEW SID 3D Cameraは、搭載する2つのレンズを使って立体感のある3D動画が撮影できる3Dカメラ。人間の視野に近い2つの視点から撮影することで、臨場感や奥行き感のある映像を作り出すことができる。

 カメラ本体にディスプレーは搭載されていないが、無線LANでスマートフォンと接続しビューワーとして使用可能。サイド・バイ・サイド方式で保存される映像は、内蔵のmicroSDのほか、スマートフォン側に保存することもできる。撮影したデータは、スマートフォン用のVRゴーグルなどを使用して視聴する。

3D
3D
カメラには、シャッターボタンやWi-Fiボタン、microSDスロット、microUSBなどを搭載。スマホ接続が前提のため液晶は非搭載だが、3Kで動画が撮れるなどなかなかに高性能だ

 コンパクトながら高性能で、F値2.4のレンズを内蔵し、動画は2880×1440ドット(30fps)、静止画は8064×4032ドットで保存可能。接続インターフェースは802.11nの無線LANで、それ以外に最大128GB対応のmicroSDスロット、充電用のmicroUSBを備えている。バッテリーは1300mAhで、最大約2時間の連続撮影が可能だ。

 なお、スマートフォンはAndroidとiOSに両対応、Android 5.0以降とiOS9以降の端末で接続できる。

3D
3D
3Dカメラ単体モデルに加えて、3軸センサー内蔵の電動スタビライザー同梱モデルも販売中。約2万円の差額でジャストフィットの本格スタビが手に入る

 イケショップにて、カメラ単体モデル「SID 3D Camera」が2万9800円(税抜)で販売中。さらに3軸電動スタビライザーがついた、セットモデルの「SID Cinematic Kit」も4万9800円(税抜)で同時に販売している。

【取材協力】