[東京 1日 ロイター] - 東芝<6502.T>は1日、米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>と和解する見通しとの一部報道について「和解の協議をする旨は常にあるが、現時点で具体的に決定している事実はない」とのコメントを発表した。

ブルームバーグは30日、関係者の話として、東芝が半導体子会社売却を巡るWDとの係争で和解に近づいていると報じた。

WDが訴訟を取り下げる代わりに、合弁事業の共同投資を再開するという。

WDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)は10月、東芝による子会社売却の阻止を可能にする法的権利を放棄するつもりはないと表明していた。

*内容を追加しました。