ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

元ウォール街金融マンの“遺言”に学ぶ

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第205回】 2011年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ウォール街で証券会社や運用会社を渡り歩き引退した元金融マンとフィナンシャルアドバイザー(FA)が出会い、親友となった。数年経過して、元金融マンには脳腫瘍が見つかり余命半年と宣告された。そこで、友人であるFAは元金融マンに個人投資家向けの投資ガイドを共著で書くことを持ちかけ、本ができた。元金融マンは、金融業界が個人顧客を正当に扱っていないことに長年憤っていた。

 こうして誕生した本が『投資とお金について最後に伝えたかったこと』(ダニエル・C・ゴールディ、ゴードン・S・マレー著、漆嶋稔訳、日本経済新聞出版社)だ。惜しいことに、元金融マンだったマレー氏は今年1月に亡くなった。

 訳者あとがきまで含めて142ページのコンパクトな本なので、ぜひ手に取ってみてほしいが、全体のトーンは、チャールズ・エリスの『敗者のゲーム』に似ている。すなわち、基本となるアセットアロケーション(資産配分)をしっかりつくって、タイミングなどを狙わずにこれを維持し、基本的に手数料が安いインデックスファンドで運用することを勧めている。

 たとえば保守的でも積極的でもなく「穏当」としているポートフォリオは、米国株42%、非米国株18%、債券40%と配分されており、それぞれのアセットクラスが4~6個のインデックスで構成されている。ちなみに、債券の半分はグローバル債だが、すべて為替リスクヘッジずみを想定している。

 これらは、米国人の投資家を想定しているので、日本人がそのまままねることはできないが、著者たちの考え方を日本人投資家用にアレンジすることは難しくない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧