[ソウル 1日 ロイター] - 韓国国防省は1日、北朝鮮が先月29日に発射した弾道ミサイルについて、米首都ワシントンが射程に入るものの、大気圏再突入や誘導、弾頭性能などの重要なミサイル技術に関してなお検証が必要との考えを示した。

同省は北朝鮮の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、1万3000キロ以上飛行可能だと分析している。

Yeo Suk-joo国防次官は韓国軍の分析として、火星15の1段目エンジンは7月発射のICBM「火星14」のエンジン2基を束ねたクラスター型と議会で説明。また、火星14より2メートル長いという。

一方で韓国統一省は、冬になることなどを理由に、北朝鮮が近い将来にミサイル実験を繰り返す可能性は低いとの見解を示した。